女神速報

芸能・スポーツの情報をメインにまとめています

    2020年02月

    1: 2020/02/22(土) 18:27:49.77
    女子プロレス「ディアナ」の22日、東京・新木場1stRING大会で、Sareee(サリー)が世界最大のプロレス団体「WWE」挑戦を
    表明した。

    ダブルメインイベントの第1試合で世志琥(SEAdLINNNG)とのシングルマッチに臨んだSareeeは、試合後、マイクを握り
    「海外に3月から行くと言っているんですけど、WWEと契約が完了しました。本当に日本の女子プロレスをしっかり背負って、
    日本の女子プロレスが一番すごいんだぞっていうことをたくさんの人に証明してきます。ずっと頑張りますので皆さん、
    応援してください!」と話した。

    渡米は3月以降になる。WWEではアスカ(華名)やカイリ・セイン(宝城カイリ)が活躍するなど日本人女子レスラーへの
    評価が高まっている。

    Sareeeは1996年3月31日、東京・板橋区出身の23歳。2011年4月17日、ディファ有明における里村明衣子戦でデビュー。
    得意技は裏投げ、原爆固め。158センチ、60キロ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00010008-encount-fight

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582363669/

    3D90015A-CC5E-453A-A25F-2525E0990862
    【【プロレス】SareeeがWWE挑戦を表明 「日本の女子プロレスをしっかりと背負う」】の続きを読む

    1: 2020/02/22(土) 23:14:10.16
    no title

    女優の深田恭子が2月15日、自身のインスタグラムを更新。CMで共演している女優の多部未華子、
    永野芽郁との〝3姉妹ショット〟を公開したところ、ネット上では多部の顔に違和感を持つ声が続出しているようだ。

    深田は投稿で《先日、撮影終わりでみんなでごはんに行けたらうれしいなぁと、多部ちゃんが声を掛けてくれて、久々にお出掛けして来ました 
    みんなそれぞれの世代の考えや思いがあって毎回感慨深いです》などと、3人で食事に行ったことを明かし、3ショットを公開した。

    昨年、3人が姉妹役で出演する『UQモバイル』のCMを手掛ける一般男性との結婚を発表した多部について、
    深田は《多部ちゃんはより一層輝いていました かわいいー》と新婚らしいキラキラ感を放っていたとつづっている。
    写真では、3人が顔を寄せ合ったショットを公開。長女役の深田の腕に、多部と永野がつかまるなど仲むつまじい様子が伝わってくる。

    no title


    そんな豪華3ショットに対し、ファンからは、

    《かわいい!三姉妹!!大好きです!》
    《本当の姉妹みたい》
    《最高なスリーショットごちそうさまです》

    などと、キュートさに悶絶するコメントが続々と寄せられたのだが…。

    「化粧のせいなのか、カメラアプリのせいなのか、この写真で多部の顔が〝くっきり二重〟に見えます。
    多部はもともと〝奥二重〟で、その素朴な印象がウケていたように思いますが…」(芸能ライター)


    ・写真加工であることを願いたい

    ネット上でも、多部の近影に違和感を抱いた人が大勢いたようで、

    《多部未華子が別人になってる》
    《目が倍の大きさになって辻ちゃんみたい》
    《『デカワンコ』(日本テレビ系)のときと別人のように目がデカくなってるよね》
    《多部ちゃん昔の方が良かったのに》
    《私の知ってる多部ちゃんはいなかった》
    《多部ちゃんって昔のクールな感じの目元が多部ちゃんらしくて良かったのに これ何か違う人みたい》

    などと、ショックを受ける声が投げつけられた。

    「元カレの窪田正孝が結婚した直後に自身の結婚を発表した多部。世間では〝当てつけ婚〟だと揶揄の声も上がっていました。
    窪田のお相手で女優の水川あさみも〝奥二重〟ですから、もしかしたら多部は過去と決別する意味で
    わざわざ〝二重メーク〟をしているのかも…」(前出の芸能ライター)

    この調子なら、多部が何かに出演するたびに話題に上ってしまいそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/108260

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582380850/

    【【芸能】多部未華子“くっきり二重”に騒然!「別人やん」「昔が良かった…」】の続きを読む

    1: 2020/02/21(金) 18:55:27.91
    乃木坂46オフィシャルグッズ【公式】
    @nogizaka_goods

    いよいよバスラ初日
    ナゴヤドームは快晴です

    グッズご購入5,000円ごとに
    くじ付ステッカープレゼントしてますよ

    さらにスクラッチで
    メンバーサイングッズ当たるかもっ

    まだまだ全メンバーの
    サイングッズあります

    ぜひあたりを出して
    景品お渡しブースへ

    https://twitter.com/nogizaka_goods/status/1230673216277905408
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582278927/

    【【速報】乃木坂46、ナゴヤドームでのライブを予定通り決行】の続きを読む

    1: 2020/02/18(火) 20:18:10.84
    乃木坂46の白石麻衣が18日(火)発売の『FLASH』(光文社)の表紙・巻頭に登場している。

    思わず吸い込まれてしまいそう…圧倒的に美しすぎる白石麻衣

    3月25日発売の25thシングルの活動をもって乃木坂46から卒業することを発表している白石麻衣。
    グループでの活動と並行して女優としても精力的に活動しており、2月21日公開の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』ではヒロインを務めている。

    『FLASH』では表紙とともに保存版フォトブックに登場。
    ますます美しさを増す“まいやん”の様々な表情が詰め込まれたグラビアを展開している。
    また、インタビューでは、最新映画の話や、メンバーへの思いにも言及しており、彼女のいまが知れる8ページになっている。

    同号には、アイドルを卒業した佐藤麗奈の初のランジェリーグラビアが掲載されているほか、最強JKと呼び声の高い寺本莉緒の迫力ビキニグラビア、「シブスタ2019」で3冠に輝いた宮野真菜の初水着グラビアが掲載されいてる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00003827-entame-ent

    『FLASH』 白石麻衣
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    乃木坂46 白石麻衣
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582024690/

    【【乃木坂46】白石麻衣(27)がますますキレイに 誰もが見惚れる圧倒的美しさ!『FLASH』グラビア登場】の続きを読む

    1: 2020/02/18(火) 20:43:44.04
    https://news.livedoor.com/topics/detail/17833435/
    2020年2月18日 7時54分

    インドの映画製作者が、「パラサイト」は自作映画の盗作であると主張した
    現在は弁護士と協議を終え、2~3日内に告訴をするかどうかを決めるとのこと
    具体的にどの部分が盗作かは明らかにせず、「法廷で判断される」と話した

    17日、インディアトゥデイ、TNN通信など現地のメディアはインドの映画製作者、PLテナパン氏がポン・ジュノ監督の『パラサイト』をめぐって自身の映画を盗作したとして訴訟を準備中という便りを伝えた。

    報道によると、1999年『Minsara Kanna』(監督K.S.ラビクマル)を製作したテナパン氏はこの映画と『パラサイト』が構成的な側面で似ているとし「アカデミー授賞式後『パラサイト』を見たが、わが映画の内容と似ていた」と主張した。引き続き「現在、チェンナイにいる弁護士と協議を終え、国際弁護士を選任して2~3日内に告訴をするかどうかを決めるだろう」と伝えた。

    だが、テナパン氏は具体的に『パラサイト』のどの部分が『Minsara Kanna』を盗作したのかは明らかにしなかった。彼は「法廷にすべてを調べさせよう」として「法廷で判断されるだろう」と話した。同時に、「韓国の映画製作者がタミル語を駆使する映画製作者に訴訟を起こした事例がある」と付け加えた。

    1999年公開された『Minsara Kanna』はインド南部の言語であるタミル語で製作されたロマンチックコメディ映画だ。K.S.ラビクマルが監督を引き受けた。映画製作会社はKRGムービーインターナショナルであり、公式製作者はK.R.カンガダランだ。

    TNN通信は『パラサイト』が10日、第92回アカデミー授賞式で作品賞など4冠を獲得すると、SNSで『パラサイト』と『Minsara Kanna』のストーリーラインが似ているという文章が掲載されたと明らかにした。

    これに対してラビクマル監督は「まだ『パラサイト』を観ていない」とし「訴訟はプロデューサーが決めること」と話した。彼は『Minsara Kanna』が『パラサイト』にインスピレーションになったといってもそのストーリーがオスカー賞を受けてうれしいと伝えた。

    『Minsara Kanna』は愛を勝ち取るために身分を隠して恋人の家で警護員として働く男性の話を描いた。男性の弟と妹もその家でそれぞれ召使いと料理人として働きながら共に生活する。男性は百万長者の息子であり、その恋人は裕福な事業家の妹で過保護を受けているという設定だ。

    インド映画『Minsara Kanna』と韓国映画『パラサイト』のポスター
    no title

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582026224/

    【【海外】インド映画のプロデューサー、「映画『パラサイト』がわが映画を盗作」と主張 訴訟を準備中】の続きを読む

    このページのトップヘ