女神速報

芸能・スポーツの情報をメインにまとめています

    海外

    1: 2020/03/25(水) 18:24:59.79
     ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン10の最終回(第16話)の放送が、延期されることになった。米ケーブル局AMCが発表した。

     アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大を受けてさまざまな施設が封鎖されており、AMCは「ウォーキング・デッド」においてもシーズン10最終回のポストプロダクションを終えることができなかったと発表。そのため、シーズン10は現地時間4月5日放送の15話をもって終了となり、最終回は「スペシャルエピソード」として別途、年内に放送する予定だという。

     「ウォーキング・デッド」は“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる世界で、サバイバルを続ける人々の姿を描くドラマ。日本ではFOXチャンネルで最速・独占放送されている。(編集部・市川遥)

    2020年3月25日 12時04分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0114917
    no title

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1585128299/

    【【海外ドラマ】「ウォーキング・デッド」シーズン10最終回の放送延期が決定…新型コロナで完成できず】の続きを読む

    1: 2020/01/23(木) 20:18:46.13
    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーがメンバーを提訴(Photo by Robb Cohen/Invision/AP/Shutterstock)

    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーはメンバーからバンド復帰を不当に拒まれたと主張し、バンドを提訴した。

    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーがほかのバンドメンバーを相手取り訴訟を起こした。来る第62回グラミー賞授賞式でのパフォーマンスと、米ネバダ州ラスベガスでのレジデンシー公演への続投から不当にも除外された、というのがクレイマーの主張だ。

    米ローリングストーン誌が入手した訴訟内容によると、クレイマーは2019年の春にいくつかの軽度の怪我が原因でエアロスミスが予定していたラスベガスのレジデンシー公演Deuces Are Wildからの離脱を直前に強いられた。同年の秋にはバンドに復帰する準備ができていた、とクレイマーは断言しているものの、クレイマーがエアロスミスのバンド契約に明記された条件に反したため復帰を拒まれた、と訴訟内容は主張している。米現地時間1月26日に行われる第62回グラミー賞授賞式でのパフォーマンスのみならず、ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー・アワード受賞とバンドの功績を祝して1月24日に行われるトリビュート・コンサートに先立つ形での提訴となる。

    「これは金銭の問題ではありません」とクレイマーは声明を発表した。「私は、バンドとしての生涯にわたる音楽業界への貢献を仲間とともに認めてもらえる機会を奪われようとしています。ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー・アワードとグラミー賞特別功労賞生涯業績賞はいずれも2回目が存在しない、かけがえのない栄誉です」

    クレイマーによると、2019年の秋にドラマーとして復帰する準備ができたことをメンバーに伝えたあと、メンバーはどうしてもと言ってクレイマーにオーディションを受けさせた。メンバーはクレイマーをバンドのリハーサルに参加させるどころか、クリックトラックに合わせてひとりでドラムを叩かせ、録音したのだ。

    訴訟内容によると、クレイマーは「バンドにふさわしいレベルで演奏できる」ことを証明するようメンバーから言われた。だが、クレイマー以外のメンバーが怪我で離脱していたときも、エアロスミスの歴史において「バンドにふさわしいレベル」という基準が引き合いに出された例はない。さらにクレイマーの訴訟内容は、復帰を望むメンバーに「実演を通じて実力を証明させる、あるいは一時的な身体障害期間後にパフォーマンスできることを証明させる」ことを要求する条項はエアロスミスのバンド契約に設けられていない、と指摘している。

    「ジョーイ・クレイマーは我々の兄弟であり、彼の幸せは我々にとって何よりも大切です。しかし、クレイマー本人が認めたように、この半年間、クレイマーは精神面と身体面の両方においてバンドとともに演奏できる状態ではありませんでした」とエアロスミスは代理人を通じてコメントを発表した。「我々はクレイマーとともに演奏できないことを寂しく思っていますし、何度も復帰を促しましたが、クレイマー本人はまだ準備ができていないと考えていたようです」

    訴訟内容によると、「状況を打開するため」最終的に折れたのはクレイマーだった。そして代理ドラマーのジョン・ダグラスに2019年の残りのレジデンシー公演の座を譲った(クレイマーは、ダグラスに給料を払わなければならなかった。バンド契約によってエアロスミスの全メンバーは離脱中もライブ収入全額が保証されているが、代理メンバーの給料は離脱者が負担することになっている)。

    1/23(木) 18:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200123-00032998-rolling-ent
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579778326/

    【【音楽】エアロスミスのドラマー、復帰オーディション落ちバンドを提訴「屈辱であり、不愉快」】の続きを読む

    1: 2020/01/21(火) 06:53:39.31
    マドンナが公演開始予定時刻からわずか45分前の発表で、リスボン公演を中止したことが明らかになった。

    英BBCニュースによると、公演中止は「MADAME X」ツアー開始以来、今回で8度目。同公演のチケット購入者は19日午後7時45分、開始予定時刻の45分前になって、中止を知らせるメールを受け取ったという。

    マドンナは後にインスタグラムで、「今夜は中止しなければならなくて、ごめんなさい。でも、自分の体に聞いて休養を取らなくては!!」とコメント。中止の理由についての説明はなかったが、前日夜のリスボン公演のステージでの動画を公開した。

    ファンの間では、「45分前の通知。またも、ファンに対する不遜な行為。もう引退しろ」「ビッチ。中止にしやがって。ツアー生活に適応できないなら、やめるべき」などの怒りの声が上がっている。

    マドンナは昨年12月初め、激痛によるドクターストップを理由に米ボストンでの3公演を中止。その後も同じ理由で、開演2時間前に北米ツアーの最終公演となるマイアミ公演を中止している。

    マドンナは先週、膝にサポーターを着けてウオームアップ中のビデオをインスタグラムで公開。「ケガをしたMadameXが公演の準備をしているところよ…とても慎重にね!」とメッセージしていた。

    21日夜にはリスボン・コロシアムでの公演に復帰し、同地での最終公演を3日間にわたり行う予定となっているが、「火曜日に会いましょう、神様に祈ってるわ」としている。(ニューヨーク=鹿目直子)

    1/21(火) 6:42
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-01210021-nksports-ent
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579557219/

    【マドンナ45分前にドタキャン、8度目の公演中止 ファンから怒りの声「ビッチ。引退しろ」】の続きを読む

    1: 2020/01/19(日) 08:29:47.50
    人気バンドのモトリー・クルーのメンバーであるトミー・リーが、首元に大きな日本語タトゥーを入れた。(フロントロウ編集部)

    ■新時代に「令和」タトゥー

     悪名高き自伝本『ザ・ダート』を映画化した『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』がNetflixで配信されている、大御所バントのモトリー・クルーのトミー・リーがとんでもないタトゥーを入れたことがわかった。

     トミーは、2019年2月に結婚した4人目の妻でインフルエンサーのブリタニー・ファーラン・リーとの2ショット写真を自身のインスタグラム・ストーリーに公開。

     すでに体中にタトゥーがあるトミーは、2020年の新年にかけて新たにタトゥーを増やしたようで、首元にはこれまでなかったタトゥーが。

     しかもそのデザインはなんと「令和」。首元に大きく入った「令和」という漢字は、背景に記された赤い円状のデザインでより強調されている。

     トミーが、このタトゥーを日本の新しい元号だと分かって入れているのかは定かではないが、2020年という新しい時代の始まりに、日本に大きく関連した漢字を首元という目立つところに入れた。

     ひょっとしたら、トミーが令和で初めて「令和」をタトゥーした人かもしれない。(フロントロウ編集部)


    2020-01-18
    https://front-row.jp/_ct/17332308
    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579390187/

    【【音楽】モトリー・クルーのトミー・リー、首に大きく「令和」とタトゥーを入れる】の続きを読む

    3: 2020/01/14(火) 08:01:39.53
    >>1
    no title

    1: 2020/01/14(火) 07:56:14.48 BE:454032396-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_chinsyu.gif
    Wiredによると、木曜日の夜にFacebookのソフトウェアがアップデートされ、誰が有名人や企業などのアカウントに投稿しているかを正確に知ることができたという。

    結果は?手始めに、ティーンエイジャーの気候活動家Greta Thunbergの支持者約300万人が、父親のSwante Thunberg氏と、国連の気候変動団体Adarsh Pasthapの代表を務めるインドの気候活動家による投稿を読んだ。

    https://www.zerohedge.com/political/youve-scripted-my-childhood-facebook-glitch-reveals-greta-thunburgs-father-posting

    わかりやすい経緯
    フェイスブックのバグにより誰でも有名人のページの真の管理者が閲覧可能に

    グレタさんのページを調べると父親のSvante Thunbergとインド人の環境活動家Adarsh Prathapが管理していると判明
    no title

    no title


    グレタさん、声明発表
    「フェイスブックは好きになれなかったからツイッターとインスタグラムに投稿した内容をシェアするためだけに使っていた」
    「父親のアカウントを使ってシェアしていた」
    「あとは私の前にこのユーザーネームを取得していたインド人の環境活動家と共同管理していた」
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578956174/

    【【悲報】グレタ・トンベリさん、自分のFacebookは父親と謎のインド人が書いていたことがバレる】の続きを読む

    このページのトップヘ