女神速報

芸能・スポーツの情報をメインにまとめています

    映画

    1: 2020/03/28(土) 11:08:29.33
    女優の吉高由里子が27日にツイッターを更新し、同日、日本テレビ系で放送されたジブリ映画『魔女の宅急便』への愛をつづった。

    『魔女の宅急便』は宮崎駿が脚本・監督・プロデューサーを務めた1989年に公開されたアニメ映画。言わずと知れた人気作品で、何度もテレビ放送されているにもかかわらず、
    放送中にはツイッター上でヒロイン、キキの声優を務める(ウルスラの声も)高山みなみの名前がトレンド入りするなど、盛り上がりを見せた。

    吉高も本作が大好きなようで、放送中に「何度本気で ホウキをまたいで 力んだことか… 何度本気で 魔法使いになりたいと 願ったことか…」「はぁ、好きぃ ビデオ擦り切れるまでみたなぁ」とツイート。
    「ぬいぐるみ 買ったことないけど ジジだけは特別」?とキキといつも一緒にいる黒猫のジジへの愛も語り、「ジブリ見ると 純粋な心思い出して くすぐったく照れ臭くなったり もうないことに傷付いたりもする」と本作への熱い気持ちを語った。

    ファンからも「やっぱりみんなやりますよね ほうきにまたぐやつ」「ジジかわいいですよね!」など共感のコメントが多数寄せられていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00075267-crankinn-ent
    3/28(土) 6:30配信

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41flDbFMt3L._SY355_.jpg
    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=2GksY5icI2o


    海の見える街

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1585361309/

    【【芸能】『魔女の宅急便』大好き吉高由里子「何度本気でホウキをまたいで力んだことか…」】の続きを読む

    1: 2020/02/18(火) 20:43:44.04
    https://news.livedoor.com/topics/detail/17833435/
    2020年2月18日 7時54分

    インドの映画製作者が、「パラサイト」は自作映画の盗作であると主張した
    現在は弁護士と協議を終え、2~3日内に告訴をするかどうかを決めるとのこと
    具体的にどの部分が盗作かは明らかにせず、「法廷で判断される」と話した

    17日、インディアトゥデイ、TNN通信など現地のメディアはインドの映画製作者、PLテナパン氏がポン・ジュノ監督の『パラサイト』をめぐって自身の映画を盗作したとして訴訟を準備中という便りを伝えた。

    報道によると、1999年『Minsara Kanna』(監督K.S.ラビクマル)を製作したテナパン氏はこの映画と『パラサイト』が構成的な側面で似ているとし「アカデミー授賞式後『パラサイト』を見たが、わが映画の内容と似ていた」と主張した。引き続き「現在、チェンナイにいる弁護士と協議を終え、国際弁護士を選任して2~3日内に告訴をするかどうかを決めるだろう」と伝えた。

    だが、テナパン氏は具体的に『パラサイト』のどの部分が『Minsara Kanna』を盗作したのかは明らかにしなかった。彼は「法廷にすべてを調べさせよう」として「法廷で判断されるだろう」と話した。同時に、「韓国の映画製作者がタミル語を駆使する映画製作者に訴訟を起こした事例がある」と付け加えた。

    1999年公開された『Minsara Kanna』はインド南部の言語であるタミル語で製作されたロマンチックコメディ映画だ。K.S.ラビクマルが監督を引き受けた。映画製作会社はKRGムービーインターナショナルであり、公式製作者はK.R.カンガダランだ。

    TNN通信は『パラサイト』が10日、第92回アカデミー授賞式で作品賞など4冠を獲得すると、SNSで『パラサイト』と『Minsara Kanna』のストーリーラインが似ているという文章が掲載されたと明らかにした。

    これに対してラビクマル監督は「まだ『パラサイト』を観ていない」とし「訴訟はプロデューサーが決めること」と話した。彼は『Minsara Kanna』が『パラサイト』にインスピレーションになったといってもそのストーリーがオスカー賞を受けてうれしいと伝えた。

    『Minsara Kanna』は愛を勝ち取るために身分を隠して恋人の家で警護員として働く男性の話を描いた。男性の弟と妹もその家でそれぞれ召使いと料理人として働きながら共に生活する。男性は百万長者の息子であり、その恋人は裕福な事業家の妹で過保護を受けているという設定だ。

    インド映画『Minsara Kanna』と韓国映画『パラサイト』のポスター
    no title

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582026224/

    【【海外】インド映画のプロデューサー、「映画『パラサイト』がわが映画を盗作」と主張 訴訟を準備中】の続きを読む

    1: 2020/02/06(木) 19:06:52.24
    1月30日、動画ストリーミングサービスの最大手・Netflixが大人気漫画『ワンピース』の実写ドラマを配信すると発表した。

    実写ドラマの制作はNetflixとトゥモロースタジオの共同。エグゼクティブプロデューサーには原作者の尾田栄一郎氏の名前もある。尾田氏は実写化に当たって、

    《2017年に製作を発表したんですけど時間かかるのよいろいろ! 水面下でずーっとじわじわ準備が進んでます。そして今回これを発表していいそうです。あの世界一の動画配信サービスNetflixが大きく力を貸してくれることになりました! 心強い!! シーズンI 10話でストーリーがどこまで進むのか。配役はどうなるの!? もう少しお待ちください。そしてご期待ください!!》
    と、コメントを残した。

    ハリウッド実写化が生んだ駄作の数々…

    ネット上でも大騒ぎ。ツイッターでは、

    《ワンピース実写化…ふと、ゾロ役のハリウッド俳優は果たして腹巻をするのだろうか…ホントにふと思っただけ》
    《え、待ってワンピース実写化、ゲームオブスローンズより金かけるらしいww 勝ったわこれ!!笑》
    など、喜びのコメントがあふれた。

    しかし、一方では、

    《なんてことだぁ。ハリウッドで実写ドラマ化。。ドラゴンボール。北斗の拳。あんな感じにはならないでほしいものだ》
    《『ONE PIECE』ハリウッド実写ドラマ、Netflixで全世界独占配信 シーズン1全10話。どうなんだろう、不安しか感じない…w》
    《わ、ONE PIECE実写…(脳裏をよぎるドラゴンボール実写)》
    などの不安の声も目立つ。それもそのはずで、ハリウッドで日本の漫画を実写化した作品は出来栄えが悪いものばかり。特に『ドラゴンボール』の実写化は原作者の鳥山明氏が「失敗」と認めており、脚本家が「ファンに申し訳ない」と謝罪するほどだった。

    「ワンピース」は原作の尾田氏が制作に参加するため、少しは期待ができそうだが…。
    no title

    https://myjitsu.jp/archives/106952

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1580983612/

    【【映画】『ワンピース』ハリウッド実写化に心配の声 脳裏をよぎるドラゴンボール、北斗の拳…】の続きを読む

    1: 2020/02/04(火) 21:18:55.58
     ハリソン・フォード主演、スティーヴン・スピルバーグ監督がメガホンを取る映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ新作の進行状況について、ルーカスフィルムの社長でプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディが、先日開催された第73回英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式でBBCに語った。

     『インディ・ジョーンズ』の新作をめぐっては、2019年を予定していた全米公開が2020年となり、さらに2021年へと延期に。2015年には、ディズニーが、クリス・プラットを主演にシリーズの再始動を検討し始めたとDeadlineが報じたこともあった。

     しかし、新作についてキャスリーンは、脚本を求めるクオリティーに仕上げた後で、撮影をスタートする準備はできていると回答。ジョーンズ博士を演じるハリソンも77歳となったが、「ハリソン・フォードも出演します。そう、リブートではなく続編なんです」と引き続き出演すると語った。

     『インディ・ジョーンズ』は、考古学者の主人公ジョーンズが秘宝を求めて世界を駆け巡るさまを描いた冒険活劇。5作目については、もともと『ジュラシック・パーク』『宇宙戦争』などのデヴィッド・コープが脚本を担当するはずだったが、シリーズ第1弾の脚本を手掛けたローレンス・カスダンの息子ジョナサン・カスダン、さらにダン・フォーゲルマンへと回っていき、結局、コープが再び脚本を手掛けることになった。

     同作の現時点における公開予定は2021年7月9日。ディズニーの会長兼CEOであるボブ・アイガーは、2016年の時点で「第5弾ではハリソン・フォードが(インディ・ジョーンズ役で)戻ってくる。そして、次に何が来るかを考えなくてはいけない」と The Hollywood Reporter に語っていた。そのため第5弾では、新たな若い主人公へのバトンタッチがはかられるのではないかとうわさされている。(編集部・入倉功一)

    2020年2月4日 19時46分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0113910
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1580818735/

    【【映画】『インディ・ジョーンズ』新作はリブートではなく続編!77歳ハリソン・フォードも出演】の続きを読む

    1: 2020/01/30(木) 05:08:03.42
    1/30(木) 5:00 オリコン
    『ONE PIECE』ハリウッド実写ドラマ、Netflixで全世界独占配信 シーズン1全10話
    https://www.oricon.co.jp/news/2154239/
    実写ドラマ化される漫画『ONE PIECE』のコミックス第1巻(英語版) (C)尾田栄一郎/集英社
    no title

    尾田栄一郎氏からの直筆コメント (C)尾田栄一郎/集英社
    no title



     人気漫画『ONE PIECE』(ワンピース、作:尾田栄一郎)のハリウッド実写ドラマ版が、Netflixで全世界独占配信されることが30日、発表された。Netflixは、トゥモロースタジオと集英社と提携し、海賊たちの波乱と冒険に満ちたストーリーを全10話のNetflixオリジナル実写ドラマシリーズとして製作、全世界に配信する。
    また、尾田氏もエグゼクティブ・プロデューサーとして、実写版『ONE PIECE』に参加することが決定した。

     過去にも実写映像化のオファーが多数あったという同作のハリウッド実写ドラマ化は、17年7月に開催された連載20周年記念記者発表会内で発表されたもの。『世紀の一大プロジェクト』として、尾田氏と『週刊少年ジャンプ』(集英社)編集部が、さまざまなハードルを乗り越えられると確信できたことから実写ドラマ化が実現した。

     今回、エグゼクティブ・プロデューサーとして参加する尾田氏は直筆コメントで「2017年に製作を発表したんですけど時間かかるのよいろいろ! 水面下でずーっとじわじわ準備が進んでます」と製作状況を明かし
    「そして今回これを発表していいそうです。あの世界一の動画配信サービスNetflixが大きく力を貸してくれる事になりました! 心強い!! シーズンI 10話でストーリーがどこまで進むのか。配役はどうなるの!? もう少しお待ちください。そしてご期待ください!!」と配役などは追って発表すると伝えた。

     実写ドラマ版のNetflixと共同制作となるトゥモロースタジオは、海外ドラマ『プリズン・ブレイク』などを手掛けているハリウッド有数のスタジオで、今回エ、グゼクティブ・プロデューサーを同作を手掛けたマーティ・アデルスタイン氏、『LOST』を手掛けたスティーブ・マエダ氏、ベッキー・クレメンツ氏が務める。
    また、脚本を『ワンピース』好きでマーベル原作のNetflixオリジナルシリーズ『ルーク・ケイジ』『エージェント・オブ・シールド』を手掛けたマット・オーウェンズ氏が担当し、尾田氏との熱意あふれる打ち合わせを経て脚本開発が進行している。

     『ONE PIECE』は、1997年7月22日より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした少年漫画で、伝説の海賊王・ゴール・D・ロジャーが残した“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”をめぐる海洋冒険ロマン。
    悪魔の実「ゴムゴムの実」を食べゴム人間となり、体がゴムのように伸びる特殊な能力を持った主人公の少年モンキー・D・ルフィが、仲間を集め海賊「麦わらの一味」を結成し、海賊王を目指す壮大なストーリーとなっている。

     尾田氏の初連載ながらもバトルやギャグ、感動エピソードなど少年漫画の王道として人気を博し、99年からテレビアニメ化、2000年から劇場アニメ化、15年に歌舞伎化されるなどメディアミックス展開がされている。
    また、10年3月4日に発売されたコミックス第57巻の初版発行部数300万部は、日本出版史上最高初版発行部数を記録し、12年8月3日発売の67巻は自己記録を更新する初版405万部の刊行。コミックスの全世界での累計発行部数は既刊95巻で4億6000万部以上と世界中で愛されている作品で、
    最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ「The most copies published for the same comic book series by a single author」として、ギネス世界記録に認定されている。

    (おわり)

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1580328483/

    【【ドラマ】『ONE PIECE』ハリウッド実写ドラマ、Netflixで全世界独占配信 シーズン1全10話】の続きを読む

    このページのトップヘ