女神速報

芸能・スポーツの情報をメインにまとめています

    音楽

    1: 2020/02/17(月) 19:07:22.31
     山川豊(61)、水森かおり(46)、田川寿美(44)らが16日、恒例公演「長良グループ新春豪華歌の祭典」を東京国際フォーラムで行った。

     氷川きよし(42)は楽屋で手作りのチョコレートを振る舞ったことを明かし「昨夜から仕込みをして、中にレーズンを入れて…」と女子力の高さをアピールした。辰巳ゆうと(22)は舞台上で今春での大学卒業を発表。「これからは社会人1年目。成長していかなきゃ」と笑顔を見せた。

    2020年02月17日 05:30芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/17/kiji/20200216s00041000466000c.html
    no title

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1581934042/

    【【歌手】氷川きよし“女子力”手作りチョコ振る舞う「中にレーズンを入れて…」】の続きを読む

    1: 2020/02/09(日) 07:25:27.98
    TOKYO MXでレギュラー放送中の音楽番組『ミュージック・モア』のイベントとして、6月7日(日)に「ミュージック・モア otonanoコンサート」が開催され、大ヒット曲「異邦人」で知られる久保田早紀(現.久米小百合)が出演することが決定した。

    現在は音楽伝道者・久米小百合として活動を続けている彼女だが、久保田早紀として唄うのは実に36年ぶり。デビュー40周年イヤーにあたる今年「1日限りの復活」となる。

    そして、「かもめが翔んだ日」「唇よ、熱く君を語れ」で知られる渡辺真知子も出演。以前番組でもパワフルなライブを聴かせてくれた彼女が、今回は目の前でその歌声をお届け。司会は番組MCのクリス松村が務める。

    先行チケット・販売の詳細は2月8日(土)『ミュージック・モア』の中で発表される。

    ライブ・イベント情報
    「ミュージック・モア otonanoコンサート」
    6月7日(日)15:30(開場) 16:00(開演)
    きゅりあん 8階 大ホール(品川区東大井5-18-1)
    チケット全席 7,500円(税込)
    渡辺真知子/久保田早紀(現.久米小百合) / 他一組(近日発表)
    『ミュージック・モア』番組概要
    【放送日時】 毎週土曜18:59~19:30 <TOKYO MX1> MC:クリス松村
    [再放送]翌週木曜26:40~27:10/翌週金曜8:30~9:00<TOKYO MX1>

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000456-bark-musi
    2/8(土) 0:37配信

    https://www.youtube.com/watch?v=uSgU9mfGKk0


    かもめが翔んだ日

    https://www.youtube.com/watch?v=7UTVYMrHNa4


    迷い道

    https://img06.shop-pro.jp/PA01024/893/product/92906227_o1.jp
    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51RScdmHnFL._AC_SX355_.jpg
    no title

    引用元: ・【音楽】「かもめが翔んだ日」「迷い道」「唇よ、熱く君を語れ」で知られる渡辺真知子『ミュージック・モア otonano コンサート』出演

    【【音楽】「かもめが翔んだ日」「迷い道」「唇よ、熱く君を語れ」で知られる渡辺真知子『ミュージック・モア otonano コンサート』出演】の続きを読む

    1: 2020/01/25(土) 11:32:01.25
    23日に欅坂46を電撃脱退した平手友梨奈(18)が今後、ソロ歌手として活動していくことが24日、分かった。

    平手は脱退発表直後にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(月~金曜・後10時)に出演。
    自らの口で報告後、リスナーに「私とはまた来月、この教室で明るくお会いしましょう」と呼びかけた。
    グループは脱退したが、所属事務所との契約は現在も続いており、2月も同番組に出演予定だ。

    脱退の一因となったのが、絶対的エースとしての重圧と負担。
    関係者によると、今後、平手は一定期間の休養をおいた後、ソロ歌手として音楽活動を行っていくという。
    昨年9月の欅坂初の東京ドーム公演では、トリで自身のソロ曲「角を曲がる」を熱唱。
    見事なパフォーマンスを見せた。
    レコード会社関係者も「初めて立った5万人の前で演じ切った肝っ玉とセルフプロデュース力は半端ではない」と太鼓判を押す。

    2018年には映画「響―HIBIKI―」で映画初出演にして初主演を務めた。
    だが「本人も演技の面白さに目覚めたが、歌と同様にこだわりが強く、よほど入れ込んだ作品でないと出演しないのでは」と同関係者。
    あくまで歌手活動が中心になりそうだ。

    所属レコード会社では「まだ何もお話できることはない」としているが、一部では「年内ソロデビューを目指している」との声もある。
    充電が完了次第、ソロ歌手・平手友梨奈誕生に向けて突っ走る。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-01240281-sph-ent

    欅坂46東京ドーム公演 平手友梨奈のパフォーマンス グランドピアノの上でソロダンス
    no title

    no title

    no title

    no title


    元欅坂46 平手友梨奈
    no title

    no title

    no title

    no title


    平手友梨奈ソロ曲MV
    欅坂46 『角を曲がる』
    https://www.youtube.com/watch?v=J3_IdDAr-dk


    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579919521/

    【【アーティスト】元欅坂46平手友梨奈(18)、年内ソロ歌手デビューへ 関係者太鼓判「肝っ玉とセルフプロデュース力は半端ではない」】の続きを読む

    1: 2020/01/23(木) 20:18:46.13
    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーがメンバーを提訴(Photo by Robb Cohen/Invision/AP/Shutterstock)

    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーはメンバーからバンド復帰を不当に拒まれたと主張し、バンドを提訴した。

    エアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーがほかのバンドメンバーを相手取り訴訟を起こした。来る第62回グラミー賞授賞式でのパフォーマンスと、米ネバダ州ラスベガスでのレジデンシー公演への続投から不当にも除外された、というのがクレイマーの主張だ。

    米ローリングストーン誌が入手した訴訟内容によると、クレイマーは2019年の春にいくつかの軽度の怪我が原因でエアロスミスが予定していたラスベガスのレジデンシー公演Deuces Are Wildからの離脱を直前に強いられた。同年の秋にはバンドに復帰する準備ができていた、とクレイマーは断言しているものの、クレイマーがエアロスミスのバンド契約に明記された条件に反したため復帰を拒まれた、と訴訟内容は主張している。米現地時間1月26日に行われる第62回グラミー賞授賞式でのパフォーマンスのみならず、ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー・アワード受賞とバンドの功績を祝して1月24日に行われるトリビュート・コンサートに先立つ形での提訴となる。

    「これは金銭の問題ではありません」とクレイマーは声明を発表した。「私は、バンドとしての生涯にわたる音楽業界への貢献を仲間とともに認めてもらえる機会を奪われようとしています。ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー・アワードとグラミー賞特別功労賞生涯業績賞はいずれも2回目が存在しない、かけがえのない栄誉です」

    クレイマーによると、2019年の秋にドラマーとして復帰する準備ができたことをメンバーに伝えたあと、メンバーはどうしてもと言ってクレイマーにオーディションを受けさせた。メンバーはクレイマーをバンドのリハーサルに参加させるどころか、クリックトラックに合わせてひとりでドラムを叩かせ、録音したのだ。

    訴訟内容によると、クレイマーは「バンドにふさわしいレベルで演奏できる」ことを証明するようメンバーから言われた。だが、クレイマー以外のメンバーが怪我で離脱していたときも、エアロスミスの歴史において「バンドにふさわしいレベル」という基準が引き合いに出された例はない。さらにクレイマーの訴訟内容は、復帰を望むメンバーに「実演を通じて実力を証明させる、あるいは一時的な身体障害期間後にパフォーマンスできることを証明させる」ことを要求する条項はエアロスミスのバンド契約に設けられていない、と指摘している。

    「ジョーイ・クレイマーは我々の兄弟であり、彼の幸せは我々にとって何よりも大切です。しかし、クレイマー本人が認めたように、この半年間、クレイマーは精神面と身体面の両方においてバンドとともに演奏できる状態ではありませんでした」とエアロスミスは代理人を通じてコメントを発表した。「我々はクレイマーとともに演奏できないことを寂しく思っていますし、何度も復帰を促しましたが、クレイマー本人はまだ準備ができていないと考えていたようです」

    訴訟内容によると、「状況を打開するため」最終的に折れたのはクレイマーだった。そして代理ドラマーのジョン・ダグラスに2019年の残りのレジデンシー公演の座を譲った(クレイマーは、ダグラスに給料を払わなければならなかった。バンド契約によってエアロスミスの全メンバーは離脱中もライブ収入全額が保証されているが、代理メンバーの給料は離脱者が負担することになっている)。

    1/23(木) 18:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200123-00032998-rolling-ent
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579778326/

    【【音楽】エアロスミスのドラマー、復帰オーディション落ちバンドを提訴「屈辱であり、不愉快」】の続きを読む

    1: 2020/01/21(火) 19:55:55.55
    1月17日放送の『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)に、4人組バンド『King Gnu』が出演。ボーカル・キーボードの井口理が、楽曲中に過激なパフォーマンスを披露した。

    この日に披露したのは、同月9日にYouTubeでミュージックビデオを公開し、1週間で500万再生を突破したという最新曲『Teenager Forever』。着用した衣装もミュージックビデオと同じもので、井口はフィリピンで買ったというタンクトップに中学時代の名前入りジャージ、トイレ用サンダルという格好に身を包んでいた。

    井口といえば、日頃から過激な言動を繰り返し、そのパフォーマンスや発言から〝イキリキャラ〟として知られているバンドマン。この日も何かをキメたかのような挙動不審な動きで歌っていき、体を痙攣させながらステージ狭しと動き回って盛り上げた。

    しかし、パフォーマンスとはいえ、こうした動きがあまりにも不気味だったのか、カメラに映るのは他のメンバーばかり。ボーカルにもかかわらず井口はあまり抜かれることなく、まるでスイッチャーが「なるべく映さないように」と意図しているかのようだった。



    パフォーマンスか“悪ノリ”か

    エンディングトークでも、井口が頭上のカメラをゆっくりと見上げて目線をやると、アングルは突如として別の出演者へ。一連の動きは何をしでかすか分からない井口を避けているかのようで、SNS上にも、


    《Mステの井口さんカメラマン全力で映さないようにしてるの笑う》
    《井口になるとめっちゃ避けられてる》
    《井口の動きにカメラが逃げてクソ笑った》
    《Mステ最後絶対井口が何をするのか察してカメラ変えたよね》
    《歌ってないときに暴れる井口が映らないようなカメラワークしまくっててウケた》
    《こんなボーカル映さないことある?ってくらい避けてるカメラワークもジワる》

    などといった声が上がった。

    「ファンは大喜びでしょうが、やはりこれらは悪ノリの内輪ネタにすぎません。自身の番組ならまだしも、多くのアーティストが集まる場でやるのはいかがなものかと…。今回のカメラアングルについてですが、同じく挙動不審なパフォーマンスで知られる『エレファントカシマシ』宮本浩次はしっかりと映されていることを考えると、井口は本気で〝映してはならない〟と認識されているのかもしれませんね。突然、番組に呼ばれないなんてことがなければいいのですが…」(テレビ誌ライター)

    悪目立ちこそ〝ロックンロール〟。テレビではくれぐれもギリギリの線でガンバってほしいものだ。

    2020.01.21 17:30
    https://myjitsu.jp/archives/105581
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579604155/

    【【テレビ】Mステで放送事故…大暴れ『King Gnu』をわざと映さず?】の続きを読む

    このページのトップヘ