女神速報

芸能・スポーツの情報をメインにまとめています

    格闘技・プロレス

    1: 2020/02/22(土) 18:27:49.77
    女子プロレス「ディアナ」の22日、東京・新木場1stRING大会で、Sareee(サリー)が世界最大のプロレス団体「WWE」挑戦を
    表明した。

    ダブルメインイベントの第1試合で世志琥(SEAdLINNNG)とのシングルマッチに臨んだSareeeは、試合後、マイクを握り
    「海外に3月から行くと言っているんですけど、WWEと契約が完了しました。本当に日本の女子プロレスをしっかり背負って、
    日本の女子プロレスが一番すごいんだぞっていうことをたくさんの人に証明してきます。ずっと頑張りますので皆さん、
    応援してください!」と話した。

    渡米は3月以降になる。WWEではアスカ(華名)やカイリ・セイン(宝城カイリ)が活躍するなど日本人女子レスラーへの
    評価が高まっている。

    Sareeeは1996年3月31日、東京・板橋区出身の23歳。2011年4月17日、ディファ有明における里村明衣子戦でデビュー。
    得意技は裏投げ、原爆固め。158センチ、60キロ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00010008-encount-fight

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582363669/

    3D90015A-CC5E-453A-A25F-2525E0990862
    【【プロレス】SareeeがWWE挑戦を表明 「日本の女子プロレスをしっかりと背負う」】の続きを読む

    1: 2020/02/14(金) 15:57:54.14
    2020年02月13日
    https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/1738404/

    全日本プロレス、ノアで活躍した元プロレスラーの鉄人・小橋建太(52)が、両ヒザの人工関節置換術を受けることが分かった。
    現役時代から爆弾を抱えるヒザにメスを入れるのは今回が8回目。
    2006年7月には腎臓がんの手術を行っており、全身麻酔による手術を受けるのは14回目になるという。
    13年5月の引退後もヒザ痛との闘いは続いた。筋力が落ちたことで階段の上り下りもしんどくなり、激痛で眠れない夜を過ごしたことも。
    かねて人工関節を考えていたが、医師からは「年齢が若すぎると、骨に埋め込んでもどうなるか分からない。将来的に歩けなくなる可能性もある」と
    説明され踏み切れなかった。
    だが演歌歌手で妻のみずき舞(45)との間に誕生した4歳の愛娘が後押しした。
    「『パパ、こっちに来て』と呼ばれても、ヒザがカクンとなって『痛っ』てなる。しゃがんで遊ぶこともできなかったし『ヒザ痛いの? パパ大丈夫?』と心配された。
     娘のためにも治さないといけないと思った」(小橋)
    昨年2月のジャイアント馬場追善興行(両国国技館)で“不沈艦”スタン・ハンセン氏(70)と再会した際には、引退後に両ヒザと肩に人工関節を入れた同氏から
    「まだ人工関節にしてないのか? 痛みなく、今を生きたほうがいい」と助言を受けた。
    現役プロレスラーでは18年3月にW-1の武藤敬司(57)も同手術を受けており、昨秋に決断した。
    今月中旬に横浜市内の病院で手術を受け、仕事復帰は来月下旬になる予定。
    小橋は「自分のためにやるのが家族のためにもなる。ヒザで悩んでいる人は多いと思う。リング上で示すことはできないけど、メッセージを送りたい」と拳を握った。

    no title

    小橋建太

    引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1581663474/

    【【プロレス】小橋建太が両ヒザ人工関節手術へ 「パパ大丈夫?」背中押した愛娘の存在】の続きを読む

    1: 2020/01/07(火) 05:48:28.39
    6日、大田区総合体育館にて行われた獣神サンダー・ライガー引退セレモニーにアントニオ猪木がビデオメッセージを送った。

    イッテンヨン東京ドーム、イッテンゴ東京ドームと獣神サンダー・ライガーは引退試合を行い、この日新日本プロレス旗揚げの地である大田区総合体育館で引退セレモニーを行うことに。
    奥さんである千景さん&息子の貴光さんより花束の贈呈もありライガーはマスクの下で涙ぐむが、「ある人からのメッセージがございます」とコールされると、スクリーンに写ったのはアントニオ猪木。

    猪木は「元気ですかー!元気を売り物にしてきたけれども、俺もう身体がボロボロなんだけど、それにしてもね、世の中全体もちょっと元気をなくして、まぁそんな中でね、何年になるのかな?ライガーは。
    平成元年?31年よく頑張りましたね。
    まぁああいう衣装をつけたのも、当時は色んな人間が色んなアイディアを出し合って、これでいこうあれでいこうとか、
    そんな中で、ライガーというね、まあ当時としても非常に面白いキャラクターで、それで頑張ってきたのでね、まぁともかく、引退っていうとちょっと寂しい気もするけど、
    逆にまた、新しい時代へまた踏み出す第一歩ということで、ね、あの、一回ゆっくり、もう俺も酒が飲めなくなっちゃったんだけど、まぁそれはともかく、美味しいものを食べながらね、
    また、若い人たちに次の世代に、夢を贈れるように、頑張ってもらいたいと思います。長い間ご苦労さん。
    では例のやつで、大丈夫かな?えー、それじゃあ、ちょっと俺もね、気入れないと最近できなくなってきた(苦笑)じゃあいいですかね、いくぞ!1,2,3,ダー!」とメッセージを送り、ライガーはスクリーンに向かって深々と一礼。

    改めてメッセージについて聞かれたライガーは「ビックリしました。僕はホントに、アントニオ猪木の教え子としては落第生だったので。よく怒られてましたし、ロクなことしてませんでしたから。
    でも最後に、猪木さんからああいうメッセージをいただいて、本当にありがたいですね。これもやっぱり感謝ですね。感謝しかありません」と感慨深げにコメントを残した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010000-battlen-fight
    1/7(火) 0:27配信

    no title

    no title

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=72ZGpHx7tbk


    アントニオ猪木のテーマ 「炎のファイター」 オーケストラ・バージョン

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578343708/

    【【プロレス】アントニオ猪木が新日本プロレスの会場で引退する獣神サンダー・ライガーへメッセージ!「31年よく頑張りましたね」】の続きを読む

    1: 2020/01/05(日) 19:16:57.03
    内藤哲也、絶対王者オカダ下し史上初のIWGPヘビー&インターコンチの2冠達成

     ◆新日本プロレス「「WRESTLE KINGDOM14 in 東京ドーム」」大会 ▽IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル・ダブル選手権試合60分1本勝負 〇内藤哲也(33分37秒 デスティーノ→片エビ固め)オカダ・カズチカ●(5日、東京ドーム)

     史上初めて2日連続で行われた日本最大のプロレスの祭典のメインイベントでIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(37)がIWGPヘビー級王者・オカダ・カズチカ(32)を下し、IWGPヘビーとIWGPインターコンチネンタル王座の2冠を史上初めて達成した。

     前夜のIWGPインターコンチネンタル戦でジェイ・ホワイト(27)を33分54秒の激闘の末に下してから22時間。
     内藤が2年前の1・4東京Dメインイベントの再戦となった一戦で雪辱の白星を挙げ、念願の2冠王に輝いた。

    スポーツ報知 1/5(日) 19:09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-01050095-sph-fight

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578219417/

    0EF836D8-0777-44AE-A5FC-A502912F3B8B
    【【プロレス】内藤哲也、絶対王者オカダ下し史上初のIWGPヘビー&インターコンチの2冠達成 新日本1・5東京ドーム 】の続きを読む

    1: 2019/12/31(火) 06:52:56.63
    「RIZIN.20」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

    前日計量が30日、都内で行われ、出場28選手は全員1回目でパスした。

    那須川天心(21)=TARGET/Cygames=は、江幡塁(28)=伊原道場本部/新日本キックボクシング協会=とキックボクシングルールで対戦。
    元ボクシング世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)にボクシングルールのエキシビションマッチながら
    1回KOの完敗を喫した1年前の大みそかを「1年あっという間だなと思う」としみじみ思い出し、江幡戦へ「大みそかの借りは大みそかに返す。リベンジマッチのつもりで戦う」と意気込んだ。

    主戦場のフェザー級(リミット57・1キロ)より軽い56キロ契約の計量を無事にパスしたことには、「いつもより多く減量したので、ちょっとうれしかった」と安どの表情。
    江幡とは24日の公開練習以来の対面となったが、「公開練習ではちょっと大きさを感じたんですけど、今回はそこまで感じなかった。勝てる気がした」と自信を示した。

    さらには、新必殺技の存在も示唆。「今まで見せたことないので、それがはまれば。ミットを持っている腕がもげるぐらい(の威力)」と不敵な笑みを浮かべた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000105-dal-fight
    12/30(月) 19:17配信

    no title

    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577742776/

    【【格闘技】那須川天心、メイウェザー戦の雪辱だ!「大みそかの借りは大みそかに返す」】の続きを読む

    このページのトップヘ